退職の交渉がスムーズに進めば問題はないが、退職間際でも問題があるのがブラック企業である。

社員を使い捨てにする傾向があるとはいえ、採用や教育に時間をかけた人材をいとも簡単に辞めさせるのは、ブラック企業にとっても不利益なのだ。他にも、そういった経営上の問題に限らず、この酷い状況からいわば抜け駆けさせたくないという意図で強引な引き留めをしてくることもある。

いずれにせよ以下のような引き留めには何の根拠もない。ブラック企業にこれ以上付き合えないと感じたら断固として突っぱねよう。

法的措置を匂わせた脅し型

「お前が退職をすると顧客に迷惑がかかる。その分の損害賠償を支払ってもらう」
「雇用契約に『期間の定めなし』と書いてある。これを破棄しようというなら契約違反だ」

このように法的措置をちらつかせることもあるようだが、これらにはまったく根拠はない

雇用契約はいつでも解約ができる。『期間の定めなし』といっても、これは会社側から一方的に解除ができないという意味である。 つまり、労働法上は会社側の権限にこそ制限がかかっているのだ。

社員が退職して顧客に迷惑をかけてしまうのも、会社のマネジメントに問題があるからであり、それは社員の責任などでは決してない

もし心配になったら、専門家に相談するかネットで検索をしてみよう。

ただし、「期間の定めのある」契約社員などの場合、一定の役割を終えない限り、契約期間まで双方ともに契約を解除できない場合もある。その場合は一定の責任が生じる可能性がある。まずは自身の契約内容を確認してみよう。

熱血指導型

「一緒に働いた仲間を見捨てるのか」
「ここで辞めたら自分に負けることになる。責任を放棄するのか」

どちらもブラック企業においては意味不明である。そんなに結束の固い仲間たちなら退職をそもそも考えないし、責任を果たせるのはそれに見合った報酬、待遇があってこそである。ブラック企業においてはそれらの点が過酷すぎるのである。

これらは「厳しい状況で自分を追い詰めることでしか人間は成長しない」という、一種の趣味の世界である。それが好きな人であれば没頭すればいいが、そのポリシーに共感できないのであればそもそも価値観が違う。早く離れた方がよい。

また、退職を切り出したら急に猫なで声で擦り寄ってくることもある。「お前がそんなに思いつめていたとは知らなかった、これからは必ず力になる」などと今まで一度も見せたことのない表情で近づいてくることもある。もちろんそんなことを信頼してはいけない。これからその環境が本当に改善されるのであろうか。それがないのがブラック企業なのである。

人格否定型

「仕事を途中で放棄するような奴は最低だ」
「お前みたいな中途半端なやつはどこに行っても通用しない」

もはやここまで来ると大きなお世話としか言いようがない。無視しよう。