ここまでブラック企業の特徴やその問題について考えてきた。ブラック企業で我慢して働き続けるのは間違いだということは理解していただけたであろうか。

退職を前提に考えてみよう

実際にいつ退職するかということは別にして、「もし会社を辞めたらどうだろう」という想定をしてみてはどうだろうか

自分が本当にやりたかった仕事、自分が理想とする働き方、そういうことを立ち止まって考えてみよう。おそらく今よりも多くの選択肢があることに気がつくのではないだろうか

日本の雇用慣行は、長らく終身雇用を前提に行われてきた。多くの会社の人事制度は現在もそれを想定していることも多い。そしてそれは、働く側にもそういう意識を植え付けている。すなわち、ひとつの職場に長くいることで組織の構成員として認められ、貢献していると見なしてくれる、というようにだ。

しかし企業の環境によっては、辞めずに長く勤めることは決して美徳とは言えない。

これまで見てきたように、ブラック企業は人を使い捨てにするような組織である。そのような組織に長く居続けても得るものはない。まさしく都合よく使われるだけである。本当に長く働ける職場であるかを十分に吟味をしてみよう。

退職したらどうなる?

実際に退職した後のことが心配になることは当然のことだろう。次の職場が決まらないうちに退職することを勧めない意見もあり、退職をためらう人も多いだろう。

しかし、勤務先がブラック企業であれば別だと考えていいだろう。ブラック企業を退職するのであれば早い方がいい。できるだけ年齢が若いうちに転職活動を開始した方が、有利に働くことが多いからだ。

また、ブラック企業の働き方をしていては、転職活動の時間もとれず、結局は退職を先延ばしにしてしまうことも珍しくない。

実際にブラック企業から脱出した人から話を聞くと、次の職場を決める前に退職をしたという人もいる。とにかくまずは脱出をしたのだ。

そういった人に、生活はどうしたのかを尋ねると、短期間アルバイトなどでしのいだと言う。「ブラック企業より、ちゃんとしたアルバイトの方が賃金がよかった」という皮肉な例もある

若いうちに退職すれば転職市場でも有利になる。一時的にフリーターにはなるが、ブラック企業を辞めるのであればそういった方法も真剣に検討する価値があるだろう。