長時間労働が前提の職場ではないか?

お客様にサービスを提供するためには、もちろん大変なことも多い。責任もある。

しかし、社員の過重労働が前提となって仕事が進んでいるようであれば、それはまさしくブラック企業と呼んでいいだろう

超長時間労働をしないとこなせない仕事量、クオリティ、そしてそれに見合わない待遇。そういった条件でないとお客様から仕事をいただけないような状況になっていないだろうか。

お客様のため、会社のためという名目で、社員が過大な責任を負わされ、しかも十分に処遇していないようでは、それはそもそも経営に失敗していることを意味している

深夜や休日など生活のすべてを捧げなければ事業が成り立たないようでは、その経営の未来は明るくない。企業文化が悪く、追い詰められているといっても過言ではないだろう。つまり、その会社でどんなにがんばっても報われることはないのだ。

職場のメンバーは?

ブラック企業の特徴として、人材の使い捨て傾向がある。若い人材を大量に採用して、低い給料で徹底的に使って、早期に退職させてしまうことである。まずは現在の職場を見渡してほしい。

  • 長期勤続(10年以上など)のメンバーはどの程度いるか
  • 1年でメンバーの半分が入れ替わる
  • 新入社員が3年以内に半数以上退職している

終身雇用の常識は崩れつつあるが、あまりにも早いスピードで人材が入れ替わっているようでは、職場に何らかの問題があることが考えられる。

ブラック企業にありがちな風土

しかもそういった会社では、自由に発言ができる風土もないことが多い。「会社のためだ」などと、過重労働を強いるためにパワハラまがいの言動をすることもある。

特に職場経験の少ない若い社員は、会社に従うしかないと考えてしまい、選択肢を奪われ、身体が壊れるまで使われてしまうのだ。

繰り返すが、従業員が生活のすべてを捧げなければ仕事がまわらないような状況は異常である。

かつての日本であれば、働けば働くほど報われる面があった。なのでこのような過重労働をしていても、その後の待遇で必ず報われるものであった。だからこそかつての日本人は生活のすべてを捧げて仕事をした。そこには家族の幸せにつながる可能性が大いにあったのである。

しかし現代のブラック企業での働き方ではそうはいかない。昇給の仕組みも曖昧だし、そもそも無理な働き方で仕事を進めているのだから、経営の見通しも明るくない。

ブラックな環境で働いていても、報われることは決してないのだ。