ブラック企業とは何か

近年、ネットメディアを中心に流通していたブラック企業という言葉。現在は、厚生労働省もそれを問題視するようになった

企業にとっても、ブラック企業という評判が立つことは、人材採用などで大変不利になる。そのため企業は、そのレッテルが貼られないよう注意を払っている。

このように、社会的にも大きな問題になっているブラック企業。しかしその定義を巡っては、単に労働環境が劣悪である場合から、明確な労働法規違反であることまで、さまざまである。自身が所属している企業がどうなのか、一度立ち止まって考える価値はあるだろう

特に、学校を卒業してから1社目の場合、他の職場を知らないせいで、その企業の風土を当然のものとして受け入れてしまうことになる。

ここではブラック企業と呼ばれる特徴をいくつか挙げた。自身に該当しないか一度考えてみてはいかがだろうか。

ブラック企業の最大の特徴、労働時間と待遇のアンバランス

ブラック企業といえば、まず思い浮かぶのが長時間労働である。毎日深夜まで働き、休日出勤も当然のようになされている環境の場合は要注意である。

激務の職場であれば、ブラック企業である・なしに関わらず、そういうことはあるだろう。しかしブラック企業は、こういった働き方に見合った処遇をしないのが特徴である。時間外手当・休日出勤手当・深夜手当などを支払わないのだ。

タイムカードや勤務日報の改ざんといった、明確な違法行為を行っているところはわかりやすい。しかし中には「みなし労働時間」の制度を悪用している場合などもある。

みなし労働時間とは、労働時間をきっちり管理せず、一定時間は勤務したことと見なす制度であり、本来は、営業職などの自身の裁量が大きい職種にのみ適用されるものである。

企業はこれを悪用すれば、まったく実態に合わない金額をみなし労働時間にすることもできる。まさに法の合間を縫うやり方である。

給与明細を確認しよう

こういった待遇をされていないか知るには、まずは給与明細である。給与明細の確認するべきポイントをいくつか挙げるので、今一度ご自身で見てほしい。

若い人の中には、自身の給与明細など見ない、という方もいるだろう。しかしそういうところにブラック企業はつけ込んでくる。注意が必要だ。

  • 労働時間の計算は現実と合っているか
  • 時間外労働手当はきちんと支払われているか
  • 深夜手当はきちんと支払われているか(22:00から5:00の間の労働時間は管理職であっても深夜手当をつけないといけない)
  • よくわからない項目はないか(みなし労働時間など)

この他にもポイントはあるが、まずはこれらの項目だけでも確認をしてほしい。

不明な点があれば、経理や人事などの給与計算部門に聞いてみよう。わからない項目があったら、その意図や運用を確認しよう。納得いく説明がなかったら要注意だ。