ブラック企業は、辞められる。

辞めたいと思っても上司が辞めさせてくれない? しつこく引き止めてくる? 他の社員に申し訳ない? 退職後の生活が心配? そのような心配は、すべて無用だ。

ブラック企業の特徴を知り、そして法規や手続き、段取り、そして上司への対処方法がきちんと分かっていれば、必ず退職できる。より良い環境で生活を送ることができるようになるのだ。

このサイトにたどり着いたあなたは、ブラック企業を退職することについてまだハッキリとはイメージできていないのではないだろうか。記事本文では、わからない部分・モヤモヤした部分がクリアになるよう、ブラック企業の辞め方を具体的に解説する。

ぜひ一読して、そして自身の置かれた状況をいったん立ち止まって考えてみて欲しい。

ブラック企業の特徴(1)
最近は、厚生労働省も問題視するブラック企業。どのような企業が当てはまる?
ブラック企業の特徴(2)
こんな特徴があなたの会社にないだろうか。人材・風土・企業文化の面から紹介。
なぜブラック企業を辞めないのか
自分の会社がブラック企業のようだと感じていても、辞めない人がいる。それで良いのか?
ブラック企業で働くことの問題(1)
その会社で働き続けていると、あなた自身にどんな問題が起きてくるか、詳しく解説。
ブラック企業で働くことの問題(2)
現状はもちろん、将来にわたって辛くなる可能性もある。社会的な悪影響も。
退職という選択肢
退職を前提に考えてみよう。ブラック企業を辞めるなら、なるべく早いほうがいい。
こんな心配はいらない(1)
会社の上司や、お客様、同僚に対してはどうすれば? 対処法がわかれば問題ない。
こんな心配はいらない(2)
辞めた後の生活は確かに心配。家族への説明もある。しかしよく考えて欲しい。
頼れる相談先
一人で会社に立ち向かうのは不安なときは、労基署や労働相談窓口に相談を。
退職の手順(1)
具体的にどうすればいいか解説。退職にあたり事前にやっておくべきことは。
退職の手順(2)
退職を決めたらそのことを会社に伝える。心がけておくべきことがいくつか。
退職の手順(3)
最後まで気を抜かないように。挨拶や私物整理をしっかりと行おう。
退職引き止めの決まり文句と、その対策
上司にこんなことを言われたら、こう対応しよう。間違えないことが大事だ。
再度ブラック企業に就職しないために
求人情報から読み取れる可能性も。こんなキーワードが入っていたら要注意。

ブラック企業という言葉の登場

もともとは「ブラック企業」というのは、就職活動中の学生の間で使われていた言葉である。

労働法規を守らず、サービス残業の強要や休日出勤が当たり前、しかし報酬は安く労働者を使い捨てにするような企業。すでに就職している先輩やネットから情報を得て、就職先として選ばないように注意するべき企業を、そう呼んでいたことが始まりである。

ブラック企業という言葉ができはじめたころ、そういった学生の認識に対しては反論も多かった。 仕事というのは厳しいものであり、ブラック企業と呼んで選り好みをするのはけしからん、という論調が中心であった。

確かに日本の労働環境は、長時間労働や、社員がすべてを会社に捧げるような働き方によって成立しているという面もある。そういうことを常識として社会人生活を送ってきた大人たちにとって、ブラック企業という言葉ではやし立てるような学生の意識を、「甘い」と感じることもあったようだ。

企業の実態が明らかになってきた

しかし近年、そういった労働環境のなかで、追い詰められ、疲弊し、時には自ら命を絶つような事例も見られるようになる

また大手企業であっても、いわゆる「名ばかり管理職」のように、労働法規を逸脱した働かせ方をしているような実態も浮かび上がってきたこともあり、ブラック企業という言葉が社会的にも注目を浴びるようになった。若者の労働環境に何かただならぬことが起きている、彼らの言うブラック企業という言葉に現実味がある、という論調が、さまざまなところで沸き起こってきた。

かつていわゆる大手企業の人事担当者がこう漏らすのを聞いたことがある。

「採用した社員が2年も働いてくれれば採用のコストはすべて回収できるんですよ。だから夢だけ見させて2年間、徹底的に使い倒します。そのあとは辞めてしまっても残っていてもどちらでもいいんです。どうせまた採用すればいいんだから」

これはまさしくブラック企業の発想である。 長らく景気が低迷していることで、企業はギリギリの努力をしていることも事実である。 しかしだからと言って、法で定められている人間の尊厳を侵してまでも企業の業績を守ることは、許されることではない。

若者を疲弊させ、あげく使い捨てにするようなことを許していては、いずれ社会全体の活力を失っていくことになるであろう