ブラック企業の辞め方。~会社退職の方法・手順まとめ~

会社を辞めたいが上司が辞めさせてくれない? 退職後の生活が不安? そんな心配は無用だ。退職の手順や相談先など、辞め方を具体的に解説。ブラック企業は辞められる。早く脱出しよう。

当サイトはChange.orgの「長時間労働撲滅プロジェクト」に賛同しています。

キャンペーン · 長時間労働を撲滅して、日本から過労死をなくしましょう! · Change.org

なぜブラック企業を辞めないのか、その理由は

辞めたいと思っても、辞めない人も…

自社がブラック企業であることを確信しても、すぐに退職を決意しない人もいる。

現状の待遇が悪く、会社の未来も明るくない…しかし、そういう環境から脱出しようとしない。これ合理的な行動ではない。ブラック企業とわかっていても在籍し続けるのはなぜなのだろうか。

ブラック企業を退職しない理由(1)次の仕事を探す時間的な余裕がない

おそらくこれが理由の人が多いのではないだろうか。

実際にブラック企業に勤務していると、時間的な余裕はほぼない。毎日深夜まで働き、休日出勤もある。休日がとれたとしても、平日の疲れで休日は1日寝てしまう…そんな生活のなかでは、就職活動に時間を割くことは難しいからだ。就職活動を始めようという気力すらもなくなっていることもあるだろう。

大変厳しい状況であることは間違いないが、まずは何らかの行動を移すことが必要だろう。

実際の面接に赴く時間を作れそうもなくても、まずは情報収集だけでも着手してはどうだろうか。現在の転職活動は、Webの求人サイトを使うことがほとんどである。まずはそういったサイトを訪れて、求人情報を見るだけでも、次の一歩として十分だろう

ブラック企業を退職しない理由(2)お客様や残る社員に申し訳ない

経営に対して不満はあっても、担当しているお客様や残る社員に申し訳ない、と感じることもあるだろう。実際に真面目に仕事をしている人であればあるほど、そういう気持ちになることは十分に考えられる。

しかし大変残念ながら、その真面目さにつけ込まれているという考えもできる。その責任感の強さ、仕事をきちんとやりたいという気持ちに「がんばってくれよ、これも頼むよ」と次から次へと仕事を頼まれる状況が続いてしまう。ブラック企業は社員の真面目な気持ちに甘えているといってもいいだろう。

ブラック企業のそういった期待に応え続けても、決して報われることはない。お客様や仲間を大切に想うことはすばらしいことであるが、自分自身が壊れてしまってはそれを続けることもできない。自身が置かれている環境について、一度立ち止まって考えることが必要だろう。

ブラック企業を退職しない理由(3)次の仕事が見つかるかどうか不安

確かに、雇用について悪いニュースばかりが耳に入ってくる。そういった情報に触れていると、最低限の暮らしができている現在の方がいいのではないかと感じてしまう気持ちもわかる。

しかしまずは行動を起こしてみよう。現在の自分の状況が本当に自分のためになっているのか、冷静に見つめ直そう

人材の使い捨て・重苦しい風土… ブラック企業の特徴(2)

長時間労働が前提の職場ではないか?

お客様にサービスを提供するためには、もちろん大変なことも多い。責任もある。

しかし、社員の過重労働が前提となって仕事が進んでいるようであれば、それはまさしくブラック企業と呼んでいいだろう

超長時間労働をしないとこなせない仕事量、クオリティ、そしてそれに見合わない待遇。そういった条件でないとお客様から仕事をいただけないような状況になっていないだろうか。

お客様のため、会社のためという名目で、社員が過大な責任を負わされ、しかも十分に処遇していないようでは、それはそもそも経営に失敗していることを意味している

深夜や休日など生活のすべてを捧げなければ事業が成り立たないようでは、その経営の未来は明るくない。企業文化が悪く、追い詰められているといっても過言ではないだろう。つまり、その会社でどんなにがんばっても報われることはないのだ。

職場のメンバーは?

ブラック企業の特徴として、人材の使い捨て傾向がある。若い人材を大量に採用して、低い給料で徹底的に使って、早期に退職させてしまうことである。まずは現在の職場を見渡してほしい。

  • 長期勤続(10年以上など)のメンバーはどの程度いるか
  • 1年でメンバーの半分が入れ替わる
  • 新入社員が3年以内に半数以上退職している

終身雇用の常識は崩れつつあるが、あまりにも早いスピードで人材が入れ替わっているようでは、職場に何らかの問題があることが考えられる。

ブラック企業にありがちな風土

しかもそういった会社では、自由に発言ができる風土もないことが多い。「会社のためだ」などと、過重労働を強いるためにパワハラまがいの言動をすることもある。

特に職場経験の少ない若い社員は、会社に従うしかないと考えてしまい、選択肢を奪われ、身体が壊れるまで使われてしまうのだ。

繰り返すが、従業員が生活のすべてを捧げなければ仕事がまわらないような状況は異常である。

かつての日本であれば、働けば働くほど報われる面があった。なのでこのような過重労働をしていても、その後の待遇で必ず報われるものであった。だからこそかつての日本人は生活のすべてを捧げて仕事をした。そこには家族の幸せにつながる可能性が大いにあったのである。

しかし現代のブラック企業での働き方ではそうはいかない。昇給の仕組みも曖昧だし、そもそも無理な働き方で仕事を進めているのだから、経営の見通しも明るくない。

ブラックな環境で働いていても、報われることは決してないのだ。

長い労働時間・悪い待遇… ブラック企業の特徴(1)

ブラック企業とは何か

近年、ネットメディアを中心に流通していたブラック企業という言葉。現在は、厚生労働省もそれを問題視するようになった

企業にとっても、ブラック企業という評判が立つことは、人材採用などで大変不利になる。そのため企業は、そのレッテルが貼られないよう注意を払っている。

このように、社会的にも大きな問題になっているブラック企業。しかしその定義を巡っては、単に労働環境が劣悪である場合から、明確な労働法規違反であることまで、さまざまである。自身が所属している企業がどうなのか、一度立ち止まって考える価値はあるだろう

特に、学校を卒業してから1社目の場合、他の職場を知らないせいで、その企業の風土を当然のものとして受け入れてしまうことになる。

ここではブラック企業と呼ばれる特徴をいくつか挙げた。自身に該当しないか一度考えてみてはいかがだろうか。

ブラック企業の最大の特徴、労働時間と待遇のアンバランス

ブラック企業といえば、まず思い浮かぶのが長時間労働である。毎日深夜まで働き、休日出勤も当然のようになされている環境の場合は要注意である。

激務の職場であれば、ブラック企業である・なしに関わらず、そういうことはあるだろう。しかしブラック企業は、こういった働き方に見合った処遇をしないのが特徴である。時間外手当・休日出勤手当・深夜手当などを支払わないのだ。

タイムカードや勤務日報の改ざんといった、明確な違法行為を行っているところはわかりやすい。しかし中には「みなし労働時間」の制度を悪用している場合などもある。

みなし労働時間とは、労働時間をきっちり管理せず、一定時間は勤務したことと見なす制度であり、本来は、営業職などの自身の裁量が大きい職種にのみ適用されるものである。

企業はこれを悪用すれば、まったく実態に合わない金額をみなし労働時間にすることもできる。まさに法の合間を縫うやり方である。

給与明細を確認しよう

こういった待遇をされていないか知るには、まずは給与明細である。給与明細の確認するべきポイントをいくつか挙げるので、今一度ご自身で見てほしい。

若い人の中には、自身の給与明細など見ない、という方もいるだろう。しかしそういうところにブラック企業はつけ込んでくる。注意が必要だ。

  • 労働時間の計算は現実と合っているか
  • 時間外労働手当はきちんと支払われているか
  • 深夜手当はきちんと支払われているか(22:00から5:00の間の労働時間は管理職であっても深夜手当をつけないといけない)
  • よくわからない項目はないか(みなし労働時間など)

この他にもポイントはあるが、まずはこれらの項目だけでも確認をしてほしい。

不明な点があれば、経理や人事などの給与計算部門に聞いてみよう。わからない項目があったら、その意図や運用を確認しよう。納得いく説明がなかったら要注意だ。

アーカイブ
  • ライブドアブログ