ブラック企業の辞め方。~会社退職の方法・手順まとめ~

会社を辞めたいが上司が辞めさせてくれない? 退職後の生活が不安? そんな心配は無用だ。退職の手順や相談先など、辞め方を具体的に解説。ブラック企業は辞められる。早く脱出しよう。

当サイトはChange.orgの「長時間労働撲滅プロジェクト」に賛同しています。

キャンペーン · 長時間労働を撲滅して、日本から過労死をなくしましょう! · Change.org

退職という選択肢。立ち止まって考えてみよう

ここまでブラック企業の特徴やその問題について考えてきた。ブラック企業で我慢して働き続けるのは間違いだということは理解していただけたであろうか。

退職を前提に考えてみよう

実際にいつ退職するかということは別にして、「もし会社を辞めたらどうだろう」という想定をしてみてはどうだろうか

自分が本当にやりたかった仕事、自分が理想とする働き方、そういうことを立ち止まって考えてみよう。おそらく今よりも多くの選択肢があることに気がつくのではないだろうか

日本の雇用慣行は、長らく終身雇用を前提に行われてきた。多くの会社の人事制度は現在もそれを想定していることも多い。そしてそれは、働く側にもそういう意識を植え付けている。すなわち、ひとつの職場に長くいることで組織の構成員として認められ、貢献していると見なしてくれる、というようにだ。

しかし企業の環境によっては、辞めずに長く勤めることは決して美徳とは言えない。

これまで見てきたように、ブラック企業は人を使い捨てにするような組織である。そのような組織に長く居続けても得るものはない。まさしく都合よく使われるだけである。本当に長く働ける職場であるかを十分に吟味をしてみよう。

退職したらどうなる?

実際に退職した後のことが心配になることは当然のことだろう。次の職場が決まらないうちに退職することを勧めない意見もあり、退職をためらう人も多いだろう。

しかし、勤務先がブラック企業であれば別だと考えていいだろう。ブラック企業を退職するのであれば早い方がいい。できるだけ年齢が若いうちに転職活動を開始した方が、有利に働くことが多いからだ。

また、ブラック企業の働き方をしていては、転職活動の時間もとれず、結局は退職を先延ばしにしてしまうことも珍しくない。

実際にブラック企業から脱出した人から話を聞くと、次の職場を決める前に退職をしたという人もいる。とにかくまずは脱出をしたのだ。

そういった人に、生活はどうしたのかを尋ねると、短期間アルバイトなどでしのいだと言う。「ブラック企業より、ちゃんとしたアルバイトの方が賃金がよかった」という皮肉な例もある

若いうちに退職すれば転職市場でも有利になる。一時的にフリーターにはなるが、ブラック企業を辞めるのであればそういった方法も真剣に検討する価値があるだろう。

無価値なキャリア、ブラック企業の存続… ブラック企業で働くことの問題(2)

ブラック企業で働き続けることは、心身への影響だけではない。ほかにも大きな問題がある。

ブラック企業で働き続けることの問題(2) 無価値なキャリア形成

ブラック企業で働き続けることは、キャリア形成にも決してプラスとは言えない。

ブラック企業での業務内容は、高度なスキルが必要なものは多くない。人材が頻繁に入れ替わるのだから、難しい仕事をさせることができないからだ。

高度で専門的なスキルを計画的に習得させるのではなく、行き当たりばったりに業務を与えられるので、まとまった専門スキルが身につくこともない。確かに初めのうちは、知らないことについて勉強が必要なこともあるだろうが、一定期間が経てば、同じような業務の連続である。ブラック企業は、人員不足や経営資源の無駄などが多く、過重労働を強いられるため、忙しさも変わらない。

このような状況では同じような作業をこなしているだけであり、キャリア形成にはつながらない。忙しいけれど自分がやっていることに意味があるのかよくわからない、という心境になっていないだろうか。

それだけでも十分にストレスを感じることであるが、さらに年齢の問題がある。

日本の転職市場では、事実上の年齢制限があると言われている。同じスキル・経験であれば、年齢が若い方が有利になるのだ。したがって、難易度が低い仕事を大量にこなして年齢を重ねても、価値あるキャリアとはなりにくい。

転職しようと思っても、過酷な労働環境で仕事をしていたという、根性しかアピールすることがなくなる。そのアピールを好む企業があったとしても、同じような体質の企業であることが多く、転職した先もブラック企業、ということにもなりかねないのである。

ブラック企業での在籍が長くなることは、キャリアの無駄を積み重ねることになるのだ。

ブラック企業で働き続けることの問題(3) ブラック企業の存続に力を貸すことになる

もうひとつの重要な問題がある。それはブラック企業の存続に力を貸すことになることである。

労働力を提供し続けることが、その企業の存続につながっているという意味である。仕方なく働いているという面もあるだろうが、結果的にその企業が生き残ることに力を貸してしまっているのである。

また、ブラックな働き方は、あとから入ってきた後輩社員に対しても連鎖的に悪い影響を与えてしまう。あなたの無理を働き方を後輩は真似するかもしれないし、後輩にもあなたと同じように働くことを上司が求めてきたりもする。あなた自身がそんな連鎖に加担する、ブラック企業の立派な構成員になってしまうのである。

心身が疲れ果て、病気になることも… ブラック企業で働くことの問題(1)

ブラック企業で働き続けると、どういうことが起きるだろうか。

厳しい雇用環境のなかで、最低限の暮らしはできているのだからいいのではないか、と甘んじていると、取り返すのが難しいことになる。ブラック企業で働くその問題を考えてみよう。

ブラック企業で働き続けることの問題(1) 心身が疲れ果てていく

ブラック企業の基本的な考え方は「人材の使い捨て」である。過酷な労働環境で働かせ、弱音を吐くことは甘えであると言い聞かせ、心身ともに疲れ果てるまで人材を使い続けるのだ。

そういう状況のなかでこそ成長ができる、という考え方があるのも理解できるし、実際にそういう状況のなかから成功をつかんだ人がいることも知っている。しかしそれは、誰もができることではないのだ。それは価値観の押し付けでもある。過酷な環境のなかでしか人は育たないという思い込みですらある。

そういった環境で仕事をし続けた人は一体どうなるか、容易に想像ができるだろう。重い負担がかかり続けることで、心身を患ってしまうこともある。身体の痛みのほか、精神的な病に罹ってしまうこともある。そして快復も容易ではない。

もちろんそういった状況になっても、ブラック企業がケアをしてくれることはない。通常通りに仕事をすることが求められ、さらに体調は悪くなっていく。最悪の場合、命に関わることもある。その仕事は人生を捨て、命を捧げるほどの価値があるものだろうか。

ブラック企業で患った病気が長期化することも

ブラック企業を退職して時間が経った人でも、その後遺症に悩まされていることもある。ある人は毎日12時間以上働き続けた結果、腰痛や首の痛みなどの身体的な異常や、不眠の症状などもあるそうだ。

時には持病化してしまうこともあり、それは人生の質を大きく下げることになる。長時間働き続けることは、人間の身体にとっては正しいことではないのだ

自分の人生のなかで仕事をどのように位置づけるかは、人それぞれである。仕事のなかに自分の本当の価値を見出して人生をすべて捧げる人もいれば、仕事はあくまでも生活のためという人までさまざまである。

しかしそれは自分で決めるべきことである。劣悪な環境で働かせられ、考える時間も奪われているような状況で、その仕事にすべてを捧げるしかないように思い込ませられるのは異常である。それは心身のバランスを崩す第一歩であり、その先には幸福は決してない

アーカイブ
  • ライブドアブログ