ブラック企業の辞め方。~会社退職の方法・手順まとめ~

会社を辞めたいが上司が辞めさせてくれない? 退職後の生活が不安? そんな心配は無用だ。退職の手順や相談先など、辞め方を具体的に解説。ブラック企業は辞められる。早く脱出しよう。

当サイトはChange.orgの「長時間労働撲滅プロジェクト」に賛同しています。

キャンペーン · 長時間労働を撲滅して、日本から過労死をなくしましょう! · Change.org

頼れる相談先。労基署や労働相談窓口

退職を決断しようとしても、一人で会社と戦えるのか不安になるだろう。

最近はブラック企業について、社会的な関心も高まっており、そういう環境にいる人を助けようとする団体も多々ある。電話やネットで気軽に相談することもできる。自身の職場がブラック企業ではないかと感じたら、まずこれらの団体に相談をしてみるのはどうだろうか

明らかな法令違反がある場合の相談先

時間外手当てが支払われていない、勤務時間が改ざんされているなどの明らかな法令違反がある場合は、地域の労働基準監督署に相談してみるとよいだろう

労働基準監督署とは、事業主と労働者の間の紛争を調停し、速やかに解決することを目的とした、厚生労働省所管の役所である。役所であるため、なかなか敷居が高いように感じるだろうが、労働者の相談ごとへの対応は彼らの重要な業務であるから、相談することをためらうことはない。

住んでいる地域の労働基準監督署は、Webで検索すれば見つかる。まずはどこにあるのか確認をしておこう。

労働に関するいろいろな相談ごと

それでもやはり労働基準監督署はちょっと気が引ける…ということであれば、民間の労働相談窓口もある

こういった窓口は、弁護士や社労士といった専門家が設けているところもある。また労働組合が設けている窓口もある。最近ではNPOによる労働相談も増えてきた。代表的なものをいくつか紹介しよう。

日本労働弁護団
全国の有志の弁護士による団体で、電話によるホットラインも設けている。労働者の権利を守るために活動をしており、気軽な相談から専門的な解決まで依頼することができる。
全労連労働相談ホットライン
労働者のための活動をしている団体。全国に支部があり、全労連に加盟していなくても相談することが可能。労働紛争の事例を多々扱っている。
NPO法人POSSE
早くからブラック企業について情報収集を行っており、社会的にも警鐘を鳴らしているNPO法人。劣悪な職場や現代特有の労働問題についての知見を多く持っており、セミナーも開催している。

退職後の生活? 家族の理解? こんな心配はいらない(2)

退職の決断を鈍らせる心配ごと

退職手続きが初めてのときは、いろいろなことが心配になるであろう。それがブラック企業であればなおさらのこと。その決断を鈍らせてしまう心配ごとについて考えてみよう。

勤務先がブラック企業であるとわかったのであれば、まずは何よりも退職を決断することが必要である。

退職後の生活が不安

退職の決断を最も鈍らせるのは、やはり生活の心配である。ブラック企業とはいえ、仕事であり最低限の賃金は出ている。社会保険や福利厚生も、最低限だけれどある。これらがなくなるのはとても不安。そんな心理になるのだろう。「転職のための就職活動も、すんなりうまくいくとも思えない。現在の職場を退職して転職活動が長引いたら、生活が成り立つのか…。なのでまずは次の仕事が決まるまではがんばろう…。」

もちろん、次の仕事が決まってから退職をする方がベストだ。まずは現在の賃金レベルなどを考えてみよう。そしてそのために使っている時間はどれだけのものだろうか。冷静になって考えてみてほしい。

転職活動もすぐにうまくいかないこともあるだろうが、現在の日本であれば最悪フリーターでも、短期間であれば生活することはできるだろう。もちろんこれは一時的なものとしてである。

また、退職の手続きにもよるが、労働保険から失業手当てを受けることも可能だ。自己都合退職の場合は退職後すぐに受けることはできないが、誰もが持つ権利である。

現在の職場を退職するのは次の職場が決まってから、と決めてしまうと、退職をするきっかけはなかなかつかめない。ただでさえ厳しい転職市場なのに、ブラック企業で長時間労働しながら転職活動では、さらに難しくなってしまうだろう。

まずは退職することを決めて、第一歩を踏み出すことが重要である。退職日までに次の職場が決まればベストだが、短期的にフリーターであっても現在のブラック企業よりはマシなはずである。

家族の理解が得られない

退職にあたって家族の理解を得られないこともあるだろう。次の職場が決まっていない場合はなおのことである。

親御さん世代であれば、「こらえ性がない」「仕事はどんなことでもつらいもの」などの仕事観があり、退職に反対するかもしれない。とはいえ時代が違うので、親御さんの言うことであってもそのまま受け止める必要はないだろう。

また、結婚をしている場合であれば、配偶者はさらに切実な訴えをするかもしれない。

しかしよく考えてほしい。ブラック企業は人を育てようとしない。人を使い捨てするのだ。だからブラック企業で踏みとどまることは何もよいことはない。心身の健康が何よりも優先するはずだ。そこで倒れてしまって取り返しのつかないことになればさらに家族を苦しませることになるのだ

しつこい退職引き止め? こんな心配はいらない(1)

退職を申し出る際の心配ごと

ブラック企業に退職を申し出られない人は、以下のような心配をしているのではないだろうか。どれも噂レベル・思い込みレベルのことが多く、こんな心配はいらない、という事例ばかりだ。

退職すると会社から損害賠償を求められる?

実際にこういうことを言われた経験がある人もいる。現在のプロジェクトが進まなくなり、会社が大変な損害を被るということを根拠にされることがあるようだ。

これには何の根拠もない(弁護士や社会保険労務士など、労働問題を扱っているサイトを見ればこれらの事例が出ている)。

確かに、現実には迷惑をかけることになる場合もあるだろうが、そもそも人材の入れ替えに備えて準備をしておくことは、企業にとって当然のリスク管理である。その点を考えただけでも、その責任を労働者に求めるというのは誤りであることがわかる。

とはいえ、突然無断欠勤をして何の手続きもなく会社に来なくなった場合は、労働者も一定の責任を追求されることもある。

上司からのしつこいひきとめ

直属の上長から、しつこく引き留めを受けたということもよく聞くことである。

上長からすれば、貴重な労働力が退職するということは、自身の責任範囲の業務をやり遂げられない可能性が出てくるということである。その責任を上長が追求されることになり、場合によっては上長が代わってその仕事を担当することもあるだろう。上長もそれは避けたい。だからこそ退職希望者を執拗に引き止める。

したがって、それは上長のわがままでしかないのだ。決して自身の部下の将来を心配して引き留めているわけでない。だからこそ、いろいろな手を使って退職を阻止しようとするのである。

申し訳ないという気持ち

いくら勤務先がブラック企業とはいえ、付き合いのあるお客様や一緒に働いた仲間に申し訳ない…という気持ちが芽生えることも理解できる。

しかしその気持ちを、あなたが自分の人生を捧げてまで守る必要はあるのだろうか。

たしかに、あなたを信頼するお客様や、あなたの業務を引き継ぐ人には、迷惑をかけてしまうこともあるだろう。しかし、その責任は最終的にはあなたにはなく、それは企業が組織として対応するべきことである

自分自身の多くを捧げてきたブラック企業のことを、これ以上心配する必要はないだろう。

アーカイブ
  • ライブドアブログ