ブラック企業の辞め方。~会社退職の方法・手順まとめ~

会社を辞めたいが上司が辞めさせてくれない? 退職後の生活が不安? そんな心配は無用だ。退職の手順や相談先など、辞め方を具体的に解説。ブラック企業は辞められる。早く脱出しよう。

当サイトはChange.orgの「長時間労働撲滅プロジェクト」に賛同しています。

キャンペーン · 長時間労働を撲滅して、日本から過労死をなくしましょう! · Change.org

目次

ブラック企業は、辞められる。

辞めたいと思っても上司が辞めさせてくれない? しつこく引き止めてくる? 他の社員に申し訳ない? 退職後の生活が心配? そのような心配は、すべて無用だ。

ブラック企業の特徴を知り、そして法規や手続き、段取り、そして上司への対処方法がきちんと分かっていれば、必ず退職できる。より良い環境で生活を送ることができるようになるのだ。

このサイトにたどり着いたあなたは、ブラック企業を退職することについてまだハッキリとはイメージできていないのではないだろうか。記事本文では、わからない部分・モヤモヤした部分がクリアになるよう、ブラック企業の辞め方を具体的に解説する。

ぜひ一読して、そして自身の置かれた状況をいったん立ち止まって考えてみて欲しい。

ブラック企業の特徴(1)
最近は、厚生労働省も問題視するブラック企業。どのような企業が当てはまる?
ブラック企業の特徴(2)
こんな特徴があなたの会社にないだろうか。人材・風土・企業文化の面から紹介。
なぜブラック企業を辞めないのか
自分の会社がブラック企業のようだと感じていても、辞めない人がいる。それで良いのか?
ブラック企業で働くことの問題(1)
その会社で働き続けていると、あなた自身にどんな問題が起きてくるか、詳しく解説。
ブラック企業で働くことの問題(2)
現状はもちろん、将来にわたって辛くなる可能性もある。社会的な悪影響も。
退職という選択肢
退職を前提に考えてみよう。ブラック企業を辞めるなら、なるべく早いほうがいい。
こんな心配はいらない(1)
会社の上司や、お客様、同僚に対してはどうすれば? 対処法がわかれば問題ない。
こんな心配はいらない(2)
辞めた後の生活は確かに心配。家族への説明もある。しかしよく考えて欲しい。
頼れる相談先
一人で会社に立ち向かうのは不安なときは、労基署や労働相談窓口に相談を。
退職の手順(1)
具体的にどうすればいいか解説。退職にあたり事前にやっておくべきことは。
退職の手順(2)
退職を決めたらそのことを会社に伝える。心がけておくべきことがいくつか。
退職の手順(3)
最後まで気を抜かないように。挨拶や私物整理をしっかりと行おう。
退職引き止めの決まり文句と、その対策
上司にこんなことを言われたら、こう対応しよう。間違えないことが大事だ。
再度ブラック企業に就職しないために
求人情報から読み取れる可能性も。こんなキーワードが入っていたら要注意。

ブラック企業という言葉の登場

もともとは「ブラック企業」というのは、就職活動中の学生の間で使われていた言葉である。

労働法規を守らず、サービス残業の強要や休日出勤が当たり前、しかし報酬は安く労働者を使い捨てにするような企業。すでに就職している先輩やネットから情報を得て、就職先として選ばないように注意するべき企業を、そう呼んでいたことが始まりである。

ブラック企業という言葉ができはじめたころ、そういった学生の認識に対しては反論も多かった。 仕事というのは厳しいものであり、ブラック企業と呼んで選り好みをするのはけしからん、という論調が中心であった。

確かに日本の労働環境は、長時間労働や、社員がすべてを会社に捧げるような働き方によって成立しているという面もある。そういうことを常識として社会人生活を送ってきた大人たちにとって、ブラック企業という言葉ではやし立てるような学生の意識を、「甘い」と感じることもあったようだ。

企業の実態が明らかになってきた

しかし近年、そういった労働環境のなかで、追い詰められ、疲弊し、時には自ら命を絶つような事例も見られるようになる

また大手企業であっても、いわゆる「名ばかり管理職」のように、労働法規を逸脱した働かせ方をしているような実態も浮かび上がってきたこともあり、ブラック企業という言葉が社会的にも注目を浴びるようになった。若者の労働環境に何かただならぬことが起きている、彼らの言うブラック企業という言葉に現実味がある、という論調が、さまざまなところで沸き起こってきた。

かつていわゆる大手企業の人事担当者がこう漏らすのを聞いたことがある。

「採用した社員が2年も働いてくれれば採用のコストはすべて回収できるんですよ。だから夢だけ見させて2年間、徹底的に使い倒します。そのあとは辞めてしまっても残っていてもどちらでもいいんです。どうせまた採用すればいいんだから」

これはまさしくブラック企業の発想である。 長らく景気が低迷していることで、企業はギリギリの努力をしていることも事実である。 しかしだからと言って、法で定められている人間の尊厳を侵してまでも企業の業績を守ることは、許されることではない。

若者を疲弊させ、あげく使い捨てにするようなことを許していては、いずれ社会全体の活力を失っていくことになるであろう

再度ブラック企業に就職しないために

ブラック企業を退職して次の職場探しへ…。しかしそこで再度ブラック企業に入社してしまっては元も子もない。できるだけ情報収集をして企業の体質を見極められるようにしよう。

まず見るべきは求人情報である。求人情報からどのようなことが読み取れるか見ていこう。

成果主義とその報酬を殊更に強調している

「がんばればがんばっただけ報われます」
「がんばり次第で入社◯ヶ月で年収が倍に」

がんばればがんばっただけ報酬が上がるというのは理想的なことだろ。しかしそこばかりを強調しているのはとても怪しい.

もしかしたら、実態は基本給ゼロで完全歩合制の営業職かもしれない。それでも営業販路、手法が確立しているのであればまだ考える余地はあるが、新規営業中心でこういった報酬体系になっているのであればそれはかなり過酷な現場だろう。

給与が決まる要素は何なのか、営業職であればインセンティブがどのように決まっていくのか面接などでしっかりと確認をしよう

カタカナの職種を強調する

「ソリューション営業」
「コンサルティング営業」
「カスタマーサポート」

どれも実際に存在する職種であるが、こういったカタカナ職種に単に言い換えているだけのことがある。

こうすることで若い人が関心を寄せてくれるようにしているのだ。 しかしこれらの実態はただのノルマ営業であったり、カスタマーサポートと言いながら苦情受付の窓口であったりする。仕事内容を具体的に調べることが必要である

求人のハードルの低さを強調している

「未経験者でもすぐに活躍できます」
「まずはチャレンジしてみましょう」
「やる気さえあれば大丈夫です」

就職の入り口が広く、入社しやすいのではないか、と感じる広告には注意が必要だ。通常は、未経験者が誰でもすぐに戦力になれるということはない。

経験が浅い人でも成果が出せるかわりに労働時間が非常に長い、といったトリックがあるかも知れない。入社から一人前になるまでのプロセスをしっかりと確認しよう。

このような広告を長期にわたって掲載している企業はさらに要注意だ。常に人材が出入りしており、人を酷使する体質なのかもしれない。

大手企業だから安心?

名前をよく聞く大手企業なら安心という気持ちも理解できるが、必ずしもそうとは限らない。

大手企業名につられて応募をしたら、実際は派遣社員として派遣されるものだった、関連会社に出向させられることが決まっていた、などということもある。

世間を賑わしているブラック企業に大手企業の名前が挙がることも多い。イメージだけで職場を選ぶのは大変に危険なことである

退職引き止めの決まり文句と、その断り方

退職の交渉がスムーズに進めば問題はないが、退職間際でも問題があるのがブラック企業である。

社員を使い捨てにする傾向があるとはいえ、採用や教育に時間をかけた人材をいとも簡単に辞めさせるのは、ブラック企業にとっても不利益なのだ。他にも、そういった経営上の問題に限らず、この酷い状況からいわば抜け駆けさせたくないという意図で強引な引き留めをしてくることもある。

いずれにせよ以下のような引き留めには何の根拠もない。ブラック企業にこれ以上付き合えないと感じたら断固として突っぱねよう。

法的措置を匂わせた脅し型

「お前が退職をすると顧客に迷惑がかかる。その分の損害賠償を支払ってもらう」
「雇用契約に『期間の定めなし』と書いてある。これを破棄しようというなら契約違反だ」

このように法的措置をちらつかせることもあるようだが、これらにはまったく根拠はない

雇用契約はいつでも解約ができる。『期間の定めなし』といっても、これは会社側から一方的に解除ができないという意味である。 つまり、労働法上は会社側の権限にこそ制限がかかっているのだ。

社員が退職して顧客に迷惑をかけてしまうのも、会社のマネジメントに問題があるからであり、それは社員の責任などでは決してない

もし心配になったら、専門家に相談するかネットで検索をしてみよう。

ただし、「期間の定めのある」契約社員などの場合、一定の役割を終えない限り、契約期間まで双方ともに契約を解除できない場合もある。その場合は一定の責任が生じる可能性がある。まずは自身の契約内容を確認してみよう。

熱血指導型

「一緒に働いた仲間を見捨てるのか」
「ここで辞めたら自分に負けることになる。責任を放棄するのか」

どちらもブラック企業においては意味不明である。そんなに結束の固い仲間たちなら退職をそもそも考えないし、責任を果たせるのはそれに見合った報酬、待遇があってこそである。ブラック企業においてはそれらの点が過酷すぎるのである。

これらは「厳しい状況で自分を追い詰めることでしか人間は成長しない」という、一種の趣味の世界である。それが好きな人であれば没頭すればいいが、そのポリシーに共感できないのであればそもそも価値観が違う。早く離れた方がよい。

また、退職を切り出したら急に猫なで声で擦り寄ってくることもある。「お前がそんなに思いつめていたとは知らなかった、これからは必ず力になる」などと今まで一度も見せたことのない表情で近づいてくることもある。もちろんそんなことを信頼してはいけない。これからその環境が本当に改善されるのであろうか。それがないのがブラック企業なのである。

人格否定型

「仕事を途中で放棄するような奴は最低だ」
「お前みたいな中途半端なやつはどこに行っても通用しない」

もはやここまで来ると大きなお世話としか言いようがない。無視しよう。

アーカイブ
  • ライブドアブログ